大岩3区暗誦の会の概要

*本企画は平成23年4月から開始の予定でしたが、新年度は
 東北関東大震災への支援を中心に行うようにしましたので
 「暗誦の会」の開始を延期することになりました。
 悪しからずご諒承ください。
 なお、再開時は下記の暗誦用テキストを変わらずに採用します
 ので、下記テキストを暗誦していていただいて結構です。



(暗誦用テキストはこちらです)


1 名 称 大岩3区暗誦の会

2 目 的

(1)区民が、覚える価値のある文章などを暗誦することにより、脳を活性化し、もって名文を人生の友とする。 

(2)人のいる前で暗誦の会を実施することにより、区民同士の交流の場とし、もって区の活性化を図る。

(3)本会をもって区の人材発掘の一助とする。


3 暗誦の会の運営方法(案)

(1) 審査員は最低2名とする。

(2) 暗誦の会に出場する者は、係りに電話、又はメールで2日前までに知らせる。

(3) 暗誦は区民館のステージの上で行う。

(4) 審査基準は別に定め、それによりある程度機械的に行う。

(5) 参加者には当分の間、インセンティブとなる物を進呈する。(賞品?)また各暗誦文ごとにポイントを定め、
   成功者にはそのポイントを付与する。

(6) 参加者は全員の暗誦が終わるまで待つこととし、全員が終わった時点で簡単な交流会を行う。
   主催者は茶菓子などを供する。主催者は、暗誦に成功した者も失敗した者も、参加者全員が楽しめる
   良い雰囲気を作る義務を負う。

(7) 暗誦テキストは、常に区のホームページに掲載し、参加者はその中から自分に合ったものを選ぶ。

(8) 参加者は大岩3区以外の人が来ても受け付ける。(市から古紙回収助成金が出ている関係で)

(9) その他、協力委員の適切なアドバイスを受け、改良を重ねてゆく。

3 暗誦するテキスト


4 参加賞など
 図書券を考えております。初めての方には図書カード1枚。2回目からは3回で1枚もらえる引換券などを
 発行する予定です。